おいら流雑談BLOG


ショタと音ゲーを愛する管理人が作るBLOGでございます。
by ray_i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

黄金郷へようこそ!

大変お待たせしました。
世間では軍隊式IIDXが稼動直前の中、
今更ですがbeatmaniaIIDX 14 GOLDサントラレビュー、
とうとう完成したので公開です。
本当はちゃんと聞いてはいたのですが、書く体力が無くて(^^;
まずはDisc 1から。





Disc 1

01. GOLD RUSH / DJ YOSHITAKA-G feat.Michael a la mode
オープニングはVIP ROOMのトップバッターであり、
既に看板ナンバーとして定着しちゃってる本作のアンセム。
IIDXプレイヤーなら確実にアガるレイヴでしょう。
改めて聴くと、古きよきレイヴサウンドにトランスの要素を足した
結構計算され作られたトラックなんですよね。

02. Candy Galy / Risk Junk-G
公式略称"キャンギャル"。由来はその略称だったり。
Risk Junk名義では3作目かな。Gが付いておりますので
今まで以上に派手目な音を使っています。
曲調で言えば"One More Lovely"に近いかな。
ただ、コード進行が「G線上のアリア」に似てません?
(いや、パッヘルベルのカノンの方が近いかな?)
確かによく使われるコード進行ですけど。

03. 電人、暁に斃れる。 / L.E.D.-G
アレ? 何でトランスなのに"L.E.D.-G"?と思われる人もいるでしょう。
単純にGOLDのGをつけてるだけでした(笑)。
さて、電人シリーズもこれで最後になるのかな。
何気にACオリジナルはこれが初めてなんですが...皮肉ですね。
音源は過去2作に比べたら幾分ソフトになっているので
YOJI BIOMEHANIKAを聴きまくってた私としてはちょっと物足りないかな。

04. Sence 2007 / good-cool
今作最狂ムービー筆頭(爆笑)!!
まさか本当に荒木師匠を捕まえてくるとは(^^;
音はパワーアップしてますがベタベタ度合いは変わってません。
むしろ、リメイクバージョンの方がジュリアナっぽいかな。
とは言ってもロケ地はMAHARAJYA King&Queenという
恐ろしく豪華なクラブスペースであって
今は亡きvelfarreではございません。あしからず。

05. FIRE FIRE / StripE
今作初登場(?)となるStripEはkors k氏主宰レーベル
S2TB Recordingの主要クルーだったりします。
そのStripE氏のデビュー作はいわゆるブチアゲTRANCE。
ハードなバスドラと集めのシンセの絡み合いがたまりません。
ミスレイヤーは...見なかったことにw

06. KAMAITACHI / DJ TECHNORCH fw. GUHROOVY
過去にBMS作家として、現在はHARDCORE/RAVEシーンで活動する
DJ兼サウンドメイカーとして活躍中のDJ TECHNORCH氏。
その彼がとうとう本家IIDXに登場!!
その内の1曲は既にDPerを恐怖に陥れている模様(苦笑)。
まぁ、あんな凶悪な皿の配置はなぁ...。
曲は正にHARDCOREのジャンルにふさわしいハードトラック。
こういうトラックこそ頭や腹に響いて気持ち良いわv
なお、ムービーはもう必見の粋でしょう。

07. Roulette / Y&Co.
おなじみ横田商会ユーロシリーズ。今回はちょっと地味?
冒頭はいつも以上にソリッドですけど...
なんだかサビに爆発力がないような気がしますねぇ。
これ、男性ボーカルの方が良かったんじゃあ?

08. Come On / John Robinson
kecak返せ!!ヽ(`Д´)ノ
ええ。今回は地味すぎてアガれませんでした。
なんだろう。テクノにしてはもう少し尺がほしいぞ、この曲。
消化不良に終わってしまい、不満です。
この曲を作ってる頃には既に引退を決めていて
モチベーションが上がらなかったんでしょうかねぇ。

09. Second Heaven / Ryu☆
公式サイトでRyu☆氏が説明しておりますがこちらでも。
Handz Upとは以前はProgressive Tranceに分類されており、
文字通りパワフルでキラキラしたトラックが特徴の
いわばブチアゲTRANCEに通じる力強いTRANCEです。
代表例でいればアメリカで売れたCASCADAがそうかな。
てことは、この手のサウンドは彼の得意分野なので
いつも通りキックが太いトランスで勝負です。
が、サウンドはサンプリングボイスに注目が(^^;

10. METALLIC MIND / DJ TECHNORCH fw. GUHROOVY
ジャンルに関していいますと、簡単に言えば
HYPER TECHNOに近いRAVE、ですね。
当然、この手のサウンドは私の好物ですので
聴いた瞬間にハマったのは言うまでもない(笑)
そうそう。この曲、良いMADがあるのでご紹介。
暇があればご賞味くださいな。

11. LASER CRUSTER / L.E.D.
AC書き下ろしは初めてではないですが、ACスタッフとしては
初参加であるL.E.D.先生。
今回は上リフこそ普段同様熱いですが、
リズムがジャンル通り、ACID感漂うブレイクビーツです。
けど、スピード感で言えば四つ打ちの方が上(苦笑)。

12. X-rated / SADA
最近、一児のパパになったというSADAさん。
そんな彼の新曲はずばりRAVE!
今までは「曲は良いけど譜面が...」という方に朗報。
今回はラス殺し、ありません!!
だから私も安心してプレイできます(爆)。
音源は80年代、90年代、00年代の音をミックスした感じかな。
ベースはどうも90年代っぽいけど。

13. Play back hate you / AKIRA YAMAOKA
ジャンルは「小倉テクノ」とありますがどの辺りでしょう(^^;
どう聴いても正統派テクノにしか聞こえません。
そう。ジャンルに反してまともなんです。
ん? なんだかそれって流星☆ハニーと同じでね?

14. ヨシダさん / AKIRA YAMAOKA
と思ったらデムパキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
内容はひたすらヴォコーダーでヨシダさんと歌ってるだけw
てかヨシダさんは爬虫類と哺乳類限定なの?
曲自体はシンプルなテクノで面白いんですが。
ムービーはオッサンぬこが主役。あの、舞台が身近...。

15. GRID KNIGHT / SAW WAVE SQUAD
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
もうね、曲も譜面もメロメロでございますよv
図太いドラムとベースに、不安定なコード。
そこにパワーのあるシンセリードが注入される。
すごくかっこよくないですか!?
てことで、あまりに惚れまくっているので
まともなレビューは出来ません(苦笑)。

16. Dreaming Sweetness / Auridy
これは是非ともプレイしてほしい曲ですね。
特にSP HYPERは叩いていて楽しい譜面です。
楽曲は爽やかなハウスといった趣で、
電気グルーヴの「N.O.」に似てるかな。
rice.c氏のムービーもいい仕事しています。

17. Make Me Your Own / good-cool ft. Raj Ramayya
good-cool氏のハウスは10th以来ですね。
楽曲はRajさんの歌声も手伝って洋楽のソレですね。
聴いていて、踊りたくなってくるんですよ。
ノリもいいのでドライブのお供にしたいくらいですね。

18. heaven above / kors k
改めて聴くとしっかりと作りこんである良質のハウスなんですが
GPシステムのせいで解禁までまったくプレイできませんでした。
ところで、今回のヴォーカルは誰なんでしょうねぇ。

19. So Real / Y&Co. feat.mioco
言い方を変えると乙女ハウスとかオネェハウスじゃね、これ?
聴いてるとそんな印象がするんですよね。
違ったらごめんなさい。けど、そんな空気がするんです。
けど、Remo-con氏単体ならともかく、
横田商会名義でハウスなんて珍しいなぁ。

20. With your Smile / Shoichiro Hirata plus Junko Hirata
「Dear WOMAN」が売れたばかりか、あの桑田佳祐に賞賛されたという
Shoichiro Hirata氏とTatshとのコンビでおなじみJunko Hirata。
両者の共通点は...同じ平田姓w
そんな共通点を持つ二人がタッグを組んだのがこの曲。
当然、いい曲にならないわけがありません。
しかも飽きがこないってあたりがさすがというべきか。

21. Red Rocket Rising / BeForU
BeForU、まさかのメジャーデビュー!!
その第一弾が「Red Rocket Rising」なんですが...
やっぱりオオゴケしてるんですよね(^^;
ぶっちゃげ、もっとライブ経験とレッスンをやらせてからの方が
今後のために良いと思うんですけどねぇ...
楽曲もりゆソロの方がいい曲が揃ってるし。
てか「ignore」叩かせろ(爆)

22. never... / Kanako Hoshino with dj TAKA
さて、こちらは打って変わって爽やかなダンスポップ。
この手の音に星野嬢の声は映えるねぇ。
やっぱりダンスポップとなるとdj TAKAは上手いなぁ。
英語が下手なのは...まぁ、日本人だしねぇ。

23. クルクル☆ラブ~Opioid Peptide MIX~ / イオンチャンネル
まぁ、dj TAKA+Domirなわけでございますが(笑)
しかし、オリジナルはかなりの電波でしたが
リミックスはさらに電波度が増して脳にダメージが(爆)
決してゲーム中に聴いてはいけないトラックです。
ちなみにこの曲の空耳で全国の妹スキーが興奮したとか。

24. The Smile of You / 猫叉Master feat.JESSY
キ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
そして、カイきゅん(;´Д`)ハァハァ
あまりの名曲ぶりに思わずエレビッツのサントラ買いました(実話)。
DJやることになったら絶対に流してやる。
ソレくらいにオススメです。ショタはムービーも必見。
カイきゅんがすっごくかあいいんですよv
まぁ、それでも最近の嫁2007年度ランキングではトップにはこれませんが。

25. smile / miru_maki.gjw
また拡張子ですかwacさん(笑)
そして、今回はタイトルに「smile」が付く曲が多すぎw
何気にIIDXにおけるwac曲では初めての日本語詞...なんですが
メインは英語だったりするんだなぁ、これが。
それにしても、本当にいい曲を書くよなぁ、この人。
とても変曲リレーでぶっ壊した人とは思えませんw

26. Air Bell / D-crew
今回のD-crew楽曲はフロウビートに近いハピコアです。
正確には「This is Love」+「CURUS」かな。
ただ、ヴォーカルは今までに比べたら普通というか不安定。
不安定さからなる浮遊感が狙いなのかもしれない。

27. 星をこの手に / DJ YOSHITAKA feat.星野奏子
確かにカッコいいんですが、ちょっと固すぎな印象があります。
キラキラしてるし、ヴォーカルも力強い感じが出ているんですが。
この固さは一体どこから出てくるのかしら。

28. 零-ZERO- / TЁЯRA
えっと...HYPER J-POP "ZERO"を名乗るなら
「ever snow」を収録せんかいというツッコミ多数。
これでは今までの...ってこれまでの路線リセットの意味で零?
けど、これまでの傾向からして変わるとは思いにくい(^^;
そして、junはいつボイトレを受けるんでしょうか。

29. 花吹雪~IIDX LIMITED~ / S.S.D.FANTASTICA feat.ユッコ
悌難易度にも拘らず、譜面と曲でAll Japan Rankingでプラチナ入り。
本当に譜面も楽しいし、近年の傾向にしては珍しいです。
実際にどの難易度も叩いていて楽しいのは確かです。

30. カミロ・ウナ・メンデス / 山根ミチル
山根ミチルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
まさかコナミ大御所が降臨するとはねぇ...。
しかもスパニッシュですか。なかなか通な選曲で。
しかしこのタイトル、何語なんだろうか。気になる。

31. earth-like planet / ELEKTEL
おそらく一部プレイヤーはこの曲に怒りを覚えているのでしょう。
え、むずかしい? じゃなくて、サンプルボイスに。
楽曲はいつものラウンジトラックです。紅茶と一緒にどうぞ。

32. 2hot2eat / Osamu Kubota
修先生が狂いました。階段酷すぎです(汗)。
曲は正にインド。直球インド。すこし現代音楽風。
インド人を右に置きたくなるくらいにインドです。
てかこれ、サルサじゃないです(^^;

33. op.31 叙情 / akiko
どう聴いても普通のクラシックです。本当にあr(ry
いや、だってこれはクラブミュージックじゃないでしょ。
いい曲ですけどこれは滅多に流さないと思います(苦笑)。

34. Blind Justice ~Torn souls, Hurt Faiths~ / Zektbach
訳すなら「行き場無き正義 ~引き裂かれた魂、こたえる信念~」
なんだかZektbach名義だと救い様のない話ばっかりですな。
根本は人間の愚かさってのがありそうな予感ですがね。
てことで今回のヴォーカル・堀澤麻衣子さんのヴォーカルにより
またも神秘的な世界を体現しております。
一体、彼の抒情詩はどのような結末を迎えるのだろうか。

35. CaptivAte~誓い~ / A/I
はい、「CaptivAte~浄化~」第二章です(笑)
だって、曲展開があまりに似てたのでつい(^^;
それにしてもミスレイヤー、ちょっと怖い。
それでも前半の展開、とてもキレイで気に入っています。

36. Facination MAXX / 100-200-400
もはやネタとしか思えないBPM変化(苦笑)。
が、曲はさすがに聴けるレベルなので問題はありません。
踊るとなると話は別になりますけどね(^^;
印象としてはピアノに圧倒されたって感じですね。


Disc 2へ続く
[PR]
by ray_i | 2007-09-02 15:36 | 音ゲー・音楽

簡単な略歴と一言

音楽と可愛い男の子(をい)が好物。アニゲや特撮、音楽を中心に書いていきます。『感想を言いたいけどトラバやコメントに書くのはちょっと・・・』という方はメールでも受け付けておりますのでよろしく。


応援
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP

検索

最新の記事

ロックバンド、ねぇ。
at 2010-06-10 09:06
北大工学祭ニコニコボカロ鼎談レポ
at 2010-06-06 21:59
お詫び
at 2010-06-05 12:00
VOCALOIDと私
at 2010-05-26 14:59
取り留めの無いお散歩日記
at 2010-05-24 08:50

最新のトラックバック

『ブレイブ・ストーリー』..
from 【徒然なるままに・・・】
【ニュース】仮面ライダー..
from さかっちブログ
『なんとまあタイムリーな..
from 内緒でデュエルマスターズ!?
大谷さん復帰だって!
from ブラックうさぎの日記
GWは、瞑想でストレス解..
from こだわりの暮らし・生活/スロ..
ボウケンジャーに日本一詳..
from ボウケンジャーに日本一詳しい..
おくやみ(曽我町子様)
from だいすけでした(^^)v
女王、墜つ
from てぃーちゃーのプライベート
ジュークボックス(限定盤)
from AML Amazon Link
FFポーション
from 最近はやりの・・・

フォロー中のブログ

プレーバックパートツー
~Procyon~

ファン

ブログジャンル

画像一覧