おいら流雑談BLOG


ショタと音ゲーを愛する管理人が作るBLOGでございます。
by ray_i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

その歪み、危険につき

さて、前回の続きです。
しかし、今回はロングが無いんですよねぇ。
家庭版を2作品も収録したせいですけど。

けど、ロングは欲しいですよねぇ。
次回ではアナログ盤でもいいからロングを!!





SAMBA DE JANEIRO / Remixed by Lion MUSASHI
さて、ここからは洋楽リミックス3連発。トップバッターは
この曲を知ってる人も多いであろうラテンダンスポップ。
オリジナルをさらにかしましくしたのがガオーの人です。
この曲を聴くとやっぱり踊りだしたくなりますよねぇ。
まぁ、さすがに私はジルチのようなことはしませんけどね(^^;
原曲スキーなら違和感無く聴けるトラックになってると思います。

BREAK OUT / Remixed by Orange Lounde
ていうかTOMOSUKEなんですけどね(笑)
こちらはSwing Out Sister発のヒット曲ですね。
ただ、今の若い子は「あなたにいてほしい」しか知らんかも。
私もその一人でしたが、オリジナルの暖かさに感動しました。
さて、リミックスはOrange Loungeらしくマッタリとしたハウスに。
何気にヴォーカルの声をいじってるのもナイスセンス。

SPRING RAIN (LLUVIA DE PRIMAVERA) / Remixed by DJ YOSHITAKA
まさかこの曲が来るとは思いませんでした(^^;
おそらく、多くの人は私のように電気グルーヴの「Shangri-La」で
一部を聴いたことがあると思います。が、これがオリジナルではなく
オリジナルはSilvettiによるディスコクラシックナンバー。
クラブでは一時期、超定番曲としてプレイされまくったとか。
そんなクラブスタンダードナンバーを綺麗なトランスに仕立てるセンスはさすが。

カゴノトリ~弐式~ / 橙色特別室
明らかにIIDX向けだったカゴノトリがようやく移植されました。
それに伴い、音もmarbleと同じ仕様になってます。
ゆえに、ギタドラ版以上に不気味な仕上がりになっています(^^;
変わってないのはあさきのエロギターぐらいでしょうね。
世界観も歪んでるので、ある意味DistorteDな移植曲。

MOON / dj TAKA feat.Erika Mochizuki
ポップンカーニバルからの移植曲で、ジャンル名も一緒です(笑)
ただ、元ネタがwacというのは本当なのでしょうか。
それはともかく、楽曲はdj TAKA名義では久々の哀愁路線。
今までdj TAKAが作ったユーロでは一番お気に入りです。

虹色 / DJ YOSHITAKA feat. G.S.C license
まぁ、オチをつけなきゃ実話ってことですか。紛らわしい。
てなわけでよしくんのもうひとつの分野であるトランスポップです。
本当にこの人はポップスに昇華する技術持ってるよなぁ。
ちゃんとジャンルについて理解してないと出来ないって。
あとはポップンのコメントもネタに走らないように…って無理?

Concertino in Blue / 佐々木博史
まさか七鍵に佐々木曲が来るとは思いませんでした(^^;
楽曲については最早語るまでもないでしょう。
ここまで完成された世界観を見せ付けられたら誰もが聴き入ると思います。
一見、アドリブっぽいけど計算されてるからすごいよなぁ。

Bloody Tears (IIDX EDITION) / DJ YOSHITAKA
ゲーセンでやったときはよくわからなかったんですけれども
サントラでようやく全貌が見えてきたので書けます。
正直ね、もっとBMP落として欲しかったです。
確かにゲーム性も大事なんですが、曲の持つ優雅さがないのよ。
だから、あのゲームだからこそ成り立つんですが、しっくり来ない。
個人的にはBPM142くらい…いや、130前後でもいいかな。
それくらいに落としたほうが優雅さが出るんじゃないかと思います。

Winning Eleven9 Theme(IIDX EDITION) / Sota Fujimori
こちらは何度聴いても飽きないような構成になってますね。
家庭用ならこれこそが常套手段であり、音ゲーマーには物足りなかったり(^^;
もし、これが「ノー○ン・○ック風に」って指示があったら
もっとはじけたアレンジになっていたのかもしれませんね。

tripping contact (teranoid&MC Natsack Remix) / kors k vs teranoid
全国のガバファンの皆様、そして、暴れたいくらバーの皆様。
お待たせしました。teranoid&MC Natsackによる大暴れリミックスです。
原曲も好き放題ですが、こちらも思う存分暴れてます。
暴れすぎて呆然とする人もいるかもしれませんが

WISH(EUROBEAT MIX) / DJ YOSHITAKA feat.杉村ことみ
wishのEUROBEAT VERSIONですが、私は譜面が嫌いです。
階段が苦手な人にとっては正に鬼門といえるでしょう。
リミックスもよしくんにしては不慣れとも言うべき仕上がりで
なんというか…ポップすぎるんですよね。素材が素材だけに。

Why did you go away / jun with TAHIRIH
なぜBoy's Reasonを載せないのかと(苦笑)。この辺ガッカリだよ。
確かにいい曲ではあるんですよね。泣きのヴォーカルとか。
改めて彼女の作曲家としての力量を見た気がします。
あとはヴォーカルレッスンを死ぬほどやるだけだぞ、junさん!!

BOOM BOOM DISCO NIGHT / Y&Co.
えっと…お二方って確かヴェルファーレでDJやってましたよね(汗)。
これって所属ディスコ及びレーベルにケンカ売ってるとしか思えませんが(滝汗)。
そんなわけで(?)歌詞は凄まじくギリギリながらも笑える、
しかもベタなユーロです。ドリフのコント並にコテコテです。
これでベタだと思う人はユーロを昔から聴いている証拠です。

DEEP ROAR / NAOKI & Tatsh
海外版DDRに収録されている「brilliant R・E・D」のリミックス。
日本語ヴォーカルはJunko Hirataが担当し、ラップは原曲そのまま(笑)
肝心の楽曲は…うーん、何かが足りないとしか言いようがないですね。
個人的にはあまりパッとしませんでした。

ALFARSHEAR~双神威に廻る夢~ / TЁЯRA
そろそろ何か変化が欲しいなとは思っていたんですよ。
いや、確かにいい曲ではあるし、GOLIさんのイラストも
ちゃんと曲の雰囲気に合わせてる感じがするから悪くないんです。
ただ、これまでIIDXに提供した曲とそれほど変わってないというか…。
一応変拍子を取り入れてる節はあるみたいですけど、それ以外は…
ドラムを歪ませるとか、他にも変化のさせ方があったと思うので
今後の進化に期待する他ないでしょうな。

Decision / DJ YOSHITAKA
CARDINAL GATEの時に流れる曲ですね。
こっそり、これを叩きたいと思ってるビーマーも多いと思います。
個人的にはこれをマッシュアップ材料に使いたいと思ってます(笑)

華蝶風雪 / 白虎
もし、これがTatshなら確実に私は最高傑作呼ばわりします。
彼にしては珍しく(笑)、全体を見渡したミックスになってますので
本気になればいいアレンジが出来るんだよと思えますね。
作曲能力も上がってますし、今後に期待といったところでしょう。

CONTRACT / 朱雀
これがよしくんならたいした実力だと思うのですが
本当に彼かどうかはいまだに私もわかりません(^^;
楽曲はシンプルながら迫力のある仕上がりで、
シューティングで流れたら気持ちいいと思うテクノです。

Ganymede / 玄武
もうwacって言っちゃっていいよね(笑)
彼の新作はまたも彼の間口の広さを再認識させられる曲です。
そういえば、「Little Prayer」も音響系だったなぁ。速いけど。
最初に聴いたときは「どこのヒーリング系コンピ?」と思いました。
なんだか、○○郎あたりがやりそうなシンセが…。

waxing and wanding / 青龍
おそらくこれはRyu☆で間違いないでしょう。
やはり彼らしくキャッチーですけど、四天王曲のため
かなり奇抜な音を混ぜています。

嘆きの樹 / 金獅子
実は密かに楽しみにしていた曲だったりします。
産みの苦しみ具合が如実に出ているのがいい感じです。
けど、これをバックに出産したくないでしょうね(^^;
ダークな世界観が如実に現れた良曲ではないでしょうか。

jelly kiss -Midihead's Smack Mix-
さて、ここからは家庭用楽曲となります。
トップバッターはjelly kissのリミックス。
海外のハードハウスというのは攻撃的なものが多いのですが
今回のリミックスは割りとポップに仕上がっています。
もっとマッシヴなリミックスでも良かったかなぁ。

Strong Woman feat.DABO / Asami
元Kiss Destination(多分TKは黒歴史)のAsamiのソロデビュー…って
「10 to 10」はどうした。アレも黒歴史なのか?
それはともかく。こちらもかなり豪華。だって、DABOがいるんだもん。
このスタイルは…なんだっけ。どこかで聴いたんですけどねぇ。
割と前から四つ打ち入のR&Bが出てきたので、その流れかな。
相変わらずナチュラルな声してるなぁ、Asamiさん。
しかし…尺が短いよバカー!!

泰東ノ翠霞 / bermei.inazawa/feat.霜月はるか
タイトルはなんて読むの(汗)
そして、あまりの邦楽(日本古来の音楽という意味です、ここでは)具合に
ディスクを間違えたかと思っちゃいましたよ(^^;
絶対にNHKの日本古代史特集か何かで流れてそうだよ、これ。l

IXION / L.E.D.
L.E.D.師匠が久々に泣きのメロディー入れてキター!!
この方向性にはビックリしましたよ。しかも名曲だからたちが悪い。
何度もリピートしたくなるじゃないですか!!

ACID VISION / L.E.D.
ジャズ・ドラムンの流れを汲んだこのジャンルですけれども
それにしては随分と破壊的なサウンドになっています。
しかし、それでいて繊細さを失ってないのはさすがだなと思います。

satellite020712 from "CODED ARMS" / 猫叉Master
まさか彼もハードハウスを持ってくるとは思いませんでした。
ブリブリ言ってる打ち込みサウンドが妙に癖になりますね。
どちらかといったらテクノに近いですけど、テクノなら
もう少し機械的なフレーズになるのでハウスかなぁ…難しい。

HYPE THE CORE / DJ CHUCKY
こちらは割りとフリーフォームなガバです。ノリが違います。
そして、ガバの法則に従いこちらも音が暴れてます。
やっぱりガバはこうでなくちゃ☆ 暴れてナンボですよ。
皆様もこの曲にはオラオラ攻めてあげましょう。

Toxic / WaveGroup/Shoichiro Hirata
オリジナルはBritony Spearsのセクシーナンバー。
オリジナルを早めてフィルターハウス風に仕立てたりミックスです。
こういう感じのリミックスは日本人好みですけど、向こうでは受けるかしら?
いや、だって日本人って原曲破壊を嫌う傾向にあるし…。

You Really Got Me / WaveGroup/Shoichiro Hirata
大元はKinksの大ヒット曲で、Van Halen等がカバーしてます。
てなわけで、元曲がロックだったのでこちらもロッキンブレイクビーツ。
とはいってもちょっと直球過ぎるリミックスのような…。
もう少し意表のついたリミックスにしてほしかったような…。

水上の提督(Short mix frm "幻想水滸伝V") / 猫叉Master
猫叉ではおなじみ民俗音楽と四つ打ちの融合シリーズです。
今回は王子ハァハァ…失礼。幻想水滸伝Vからの楽曲となります。
やっぱり彼の曲はカッコいいものが多いし、ハズレが無いのがすごいですね。
さすがにムービーでは108星全部は無理のようでしたが(^^;

Love Again... / Tatsh feat.Junko Hirata
やっぱりTatshポップスはいいねぇ。マッタリ聴けますわv
…はっ! もし、肥塚王子と組んだらものすごくいいポップスが
完成するんじゃないカジャラ!? どうなのよダディャーナザン!!
さて、先にも触れましたがいい曲です。まったり聴けます。
やっぱりポップスの方が向いているんじゃあ…?

リグレット / 星野奏子
こちらは彼女のアルバムにも収録されましたね。
楽曲自体はノリのいいトランスなのですが、パッとしませんねぇ。
なんというか、エッジが無いので物足りないんですよね。
もうちょっとソリッドな感覚が欲しかった気がします。

INORI / dj TAKA feat.HAL
これはかなり名曲です。キレイですね。
やっぱり泣きのTAKAは名曲を多く残しますね。
今回は10thと違っていいヴォーカルを使ってるし(笑)
ムービーはさすがに私もあまり納得してません。
最初からクレイにした方が良かったかもしれない。

SOLITON BEAM / L.E.D.
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
こ、これはヤバイ!! こんな良質なデトロイドテクノ(でいいの?)
聴かされたら嫌でも踊りたくなってしまいますよ!!
もうね、溶けちゃいたいくらいですよ。それくらい激ヤバ。

eRAseRmOToRpHAntOM / L.E.D.-G VS GUHROOVY
相変わらずタイピスト泣かせなタイトルですねぇ、これ(涙)。
さて、これはErAseRmoToR maXimUMのリミックスです。
リミックスをリミックスってかなり大変ですけどね。
前半はそうとは思えないポップスで入りますが
途中からは予想通り、暴走しまくりです。けどピーは無し(笑)

Go Berzerk / Scott Brown
どうやらガバ方面では無茶苦茶スゴイ人らしく、
先日行われたteranoidパーティでもすごく盛り上がったようです、彼のプレイ。
ですから、提供されたのもハードコア。しかも上がりっぱなしの。
徹底的に上がりまくったサウンドは必聴。
ただ、ムービーがあんなんだからなぁ(^^;
アレのせいでプレイに集中できませんでしたわ、マジで。


あぁ、長かった。
[PR]
by ray_i | 2006-08-26 10:49 | 音ゲー・音楽

簡単な略歴と一言

音楽と可愛い男の子(をい)が好物。アニゲや特撮、音楽を中心に書いていきます。『感想を言いたいけどトラバやコメントに書くのはちょっと・・・』という方はメールでも受け付けておりますのでよろしく。


応援
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP

検索

最新の記事

ロックバンド、ねぇ。
at 2010-06-10 09:06
北大工学祭ニコニコボカロ鼎談レポ
at 2010-06-06 21:59
お詫び
at 2010-06-05 12:00
VOCALOIDと私
at 2010-05-26 14:59
取り留めの無いお散歩日記
at 2010-05-24 08:50

最新のトラックバック

『ブレイブ・ストーリー』..
from 【徒然なるままに・・・】
【ニュース】仮面ライダー..
from さかっちブログ
『なんとまあタイムリーな..
from 内緒でデュエルマスターズ!?
大谷さん復帰だって!
from ブラックうさぎの日記
GWは、瞑想でストレス解..
from こだわりの暮らし・生活/スロ..
ボウケンジャーに日本一詳..
from ボウケンジャーに日本一詳しい..
おくやみ(曽我町子様)
from だいすけでした(^^)v
女王、墜つ
from てぃーちゃーのプライベート
ジュークボックス(限定盤)
from AML Amazon Link
FFポーション
from 最近はやりの・・・

フォロー中のブログ

プレーバックパートツー
~Procyon~

ファン

ブログジャンル

画像一覧