おいら流雑談BLOG


ショタと音ゲーを愛する管理人が作るBLOGでございます。
by ray_i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

IIDXサントラレビュー・3rd編

お待たせしました!
IIDX 3rdのサントラレビューでございます。
3rdになってようやくブレイクした感の強いこの作品。
当時はどんな楽曲がわれわれを迎え撃ったのか・・・




01. beatmaniaIIDX 3rdstyle OPENING THEME
うきうきとするようなハウスサウンド。おそらくdj TAKAでしょう。
クラブのにぎやかな様子が映し出されている感じがします。
そして、例のボイスが最後に流れる仕様になっております。

02. MODE SELECT
いつに泣く激しいビートによるインスト。
ノイジーで歪んだビートが脳を攻め立てる。

03. MUSIC SELECT
ちょっとコアな香りがするテクノ。
よく聴くとInnocent Wallsみたいなフレーズが聞こえるような気が。

04. Don't Stop! / dj TAKA feat. JP Miles
TAKAお得意のポップ系ハンドバッグ。が、ヴォーカルがソウルフル(笑)。
このギャップが逆に曲の良さを引き出しているんですね。
ドラァグクイーン、ニューハーフ、オカマ、女性の方々は
ぜひハンドバッグ片手に踊ってみてはいかがでしょう?
ただし、周りの人には気をつけて(笑)。

05. Garden of Love / DJ Mazinger
ヒロシ・ワタナベによる正統派HIP HOP。
時折聞こえる男性ヴォーカルが曲に渋みを与え、
トラックは壮厳ながらグルーヴ感がある。

06. Make Your Move / good-cool feat. JP Miles
こちらはYEBIS MIXの「CAT SONG」とは打って変わり、
正統派のブラック系ファンクで勝負。
岡村ちゃんを聞いてる人にはどう聞こえるのかな?

07. Artifical Impatience / SYMPHONIC DEFOGGERS
そして、フューチャージャズへと続く。
黒羽さんによるこのトラックはまさにクラブを意識したジャズ。
実はクラブジャズってこのように速いテンポの曲もあるんですよ。
さり気にアドリブのピアノがきれい。

08. DREAM / SHIN Murayama feat. mari saito
こちらは日本語によるポップス系ハウス。
どちらかといえば聴かせる事を前提としたトラックかな。
ヴォーカル共々、トラックも爽やかです。寝覚めにはいいかも。

09. Let's talk it over / SHIN Murayama feat. Argie Phine
こちらは打って変わって都会的なR&Bですね。
海外のR&Bはシンプルなトラックが多いですけど
村山さんはその辺を上手く利用し、そうとは思えない厚みを出しています。

10. Beat Machine / CRUNKY BOY Jr.
ついつい列車に乗りたくなるビッグビート(笑)。汽笛が聞こえるんだもん。
こういうコミカルなトラックってFatboy Slim辺りが作ってそうだなぁ。
ファンキーなリズムとミュートギターの上に
重めのギターリフを乗せるミスマッチも面白い。
こういう妙な異種格闘技戦が楽しめるのもクラブならでは。

11. Get me in your sight / SYMPHONIC DEFOGGERS
黒羽さんはSILVAの曲でもラテンハウスを提供してますが
こちらはよりラテン色を強めていますね。
やっぱり、ラテン色が強いと自然と腰が動きますよねぇ。
あぁ、誰かラテンドラムンでも書いてくれないかなぁ(笑)。

12. never let you down / good-cool feat. JP Miles
実は当初「DEPEND ON ME」というタイトル予定だったとか。
しかし、それでは紛らわしいので(笑)このタイトルにしたんだとか。
楽曲はいつものgood-coolハウスですね。

13. Cold Pulse / Quadra with DJ FX
これはヒロワタが得意とするジャンルですね。
彼はアンビエントも得意なので、このジャンルはノリノリだったでしょうよ。
アンビエントの音をベースに重いビートを乗っけるスタイルですね。
薄暗い、冬の街をイメージさせるコード進行かな。

14. IS THIS LOVE? / Asuka M.
当時は恒例となっていた上野さんとAsuka嬢によるダンスポップ。
今回はMAXあたりに提供されていそうな感じですね。
初々しい恋心をAsukaさんも初々しく歌っております。

15. REINCARNATION / dj TAKA
おそらく、この曲が初めてdj TAKAが書いたトランス。
やはりこの頃はうまくシンセが使えてなかったんだなと。
今のTAKAが作り直したらちょっとゴア要素を加えた
エピックトランスに作り変えるんだろうなと思うと、
リミックスしがいのある曲なんだなと実感できますね。

16. DYNAMITE RAVE / NAOKI
DDR 3rdの看板トラックですね。
オラオラと無理やり食い込むサウンドがたまりません。
私は今でもこの曲をプレイしますね。
フルコンできるかで好調かどうかわかりますし(笑)

17. Schlagwerk / TaQ
こちらもおなじみTaQによるビッグビート。
彼の場合はchemical brothersというよりはProdigy寄りかな。
ジワジワと侵食していくロックテイストを織り交ぜ、
ダンスミュージックとして昇華していくテクはさすが。

18. Skycraper / good-cool
おそらく、IIDでは(純粋なジャンル名だけだと)数少ないのエピックハウス。
元来のものとは違ってあまり派手な音は使ってないけど
ちゃんとエピックハウスとしては機能しておりますよー。
そういった意味ではABSOLUTEは正統派なんだけど・・・トランスなんだよなぁ。

19. LEADING CYBER / dj TAKA
DIGI-ROCKと銘打っておきながらギターを使ってません(笑)。
一応彼もギターが弾けたはずなんだけどなぁ(^^;
ビートはしっかりとロックしてますけどね。
それでも鋭いシンセが脳に突き刺さる感覚がいいですね。

20. Sense / good-cool
あ、懐かしーい。2 unlimitedとかを思い出した人も多いのではないでしょうか。
確かにこういう感じの音ネタを使ってましたねぇ。
本来ならこういうハードな音って大衆には受けないんですけど
当時はこれが大ヒット。世の中、不思議なことがあるんですねぇ。

21. CAN'T STOP FALLIN'IN LOVE / NAOKI
この当時はまだ"feat. Paula Terry"がついておりません(笑)。
楽曲は明らかに聴かせるためのトラックですね。
踊れなくはないですけど、メロディーの良さが光ってますからねぇ。

22. Holic / TaQ
出ました、今でもSP初段所持者をを苦しめる変拍子テクノ(笑)。
もちろん、TaQらしさは全開。909にキツイ低音のキック。
TaQの持つジャーマンテイストと毒々しさが暴れております。
後の"DXY!"はさらに毒々しくなって暴れてます。

23. R5 / tiger YAMATO with ultrabox
後に曲コメントが9thにも転用されます(謎笑)。
この曲も変拍子なんですけど、そうとは思えませんよね。
楽曲は今のレイヴに近いですね。かなり激しいっす。
悲壮感が漂ってるのは・・・やっぱり愛車が壊れたからですね(苦笑)。

24. Presto / Osamu Kubota
本来のPrestoは蠍火ぐらいの早さだそうですが、
この曲は比較的ゆっくり目に演奏されています。
当時はこんなクラシカルな曲がなかったため、
プレイヤーは逆に新鮮味を覚えましたね。
メインフレーズをよく耳を澄ますと実はジャズの香りが・・・。

25. era (nostalmix) / TaQ
もうひとつのstepmixはゲームでしか聞けませんし、
TaQ本人もできるだけCD化しない方向でいるそうです。
さて、このmixというかトラックはTaQのもうひとつの顔である
クラシカルテイストがフィーチャーされており、
タイトルの持つ気迫を見事に表現しております。

26. END OF THE CENTURY / No.9
年末におなじみの第九をハピコア用に大幅アレンジ。
歌詞は年末というより世紀末なんですけどね。
ハードな音がひしめく中、こっそりティンパニーが(笑)
こっそり、こういう遊びの音を入れてたんですね、当時のNAOKIは。

27. THE SAFARI / Lion Musashi
今でも多くのプレイヤーを恐怖のどん底に叩き込むアレです。
やっぱりあの譜面はSP七段ではありません。それ以上です、絶対。
さて、楽曲はいかにも野性の世界をハウスの世界に置き換えた感じです。
なんだろう・・・アマゾネスの姉ちゃんが○ファ○○ークで踊ってるような。
え、わかりにくいって? いや、本当にこういうヴィジョンが浮かんだんですって!

28. Bady Boy / Vivi
Sweet IllusionでおなじみのViviさんがヴォーカルのダンスポップ。
上手くトラックを変えればR&Bにしてもイケますね、これ。
それにしても、切ない歌い方が上手いですよねぇ、彼女。

29. Shine On / Shorai
この当時ってMAX全盛期でしたっけ? 妙にR&B色が強いですよね。
歌い方は割りと海外のR&Bにはよく見られてますね。
この歌い方だと、よりビートが際立って聞こえるんですよね。

30. Junglist King / Prodused by Hirofumi Asamoto
なんと、この曲の演奏時間は2:22!! 実際のプレイ時間は知りませんが。
確認するまでわかりませんでしたよ。それくらい、うまく作られています。
ジャジーなベースに疾走感溢れるジャングルビートが割り込んで、
声ネタで一気に渋みが増していきます。

31. Panorama / MEGUMI YAMAGUCHI
こういう楽曲は朝本さんの得意ジャンルでしたよね。
ベースの使い方が上手いし(ベーシストだから当たり前か)、
ノスタルジーな声がより、楽曲の持つ切なさを引き立たせます。

32. NAME ENTRY
ちょっとファニーなファンク。
「ハーイ、お疲れ様ー」とフランクなオッサンのような曲です(笑)。

33. PASSWORD
どちらかといえばイントロダクションっぽい曲。
なんとなくですけどランキングにも使われてそうですよね。

34. Tangerine Stream / dj TAKA
後に"Blueberry Stream"としてRemixされるこの曲は
dj TAKAにとっては初のピアノアンビエント。
彼が得意としてるメロディーメイキングセンスがいかんなく発揮されています。
夕暮れの海岸沿いのテラスで聞くといい感じかもしれません。

35. ABSOLUTE / dj TAKA
彼の代表曲のひとつといっても過言ではない曲ですね。
メロディのよさは相変わらずで、譜面も叩く楽しさを上手く打ち出してます。
ただね、私はこの曲を実際にプレイするまでエピックハウスだと思ってました。
うーん、そう考えるとずいぶんと成長しましたねぇ、彼。

36. TAKE ON ME / ANGELA
オリジナルは最早定番ともいえるa~haの大ヒットナンバー。
ていうかa~haといったらこれでしょ。ニューウェーブ・ニューロマを
象徴する、PVも秀逸な楽曲ですね。ユーロの原型とも。
もちろん、その後は多くのアーティストにユーロや
このようなハピコア等の形でカバーされています。
今回のアレンジは正統派ハピコアとして十分イケるサウンドです。

37. S.O.S. (THE TIGER TOOK MY FAMILY) / DR.JEKYLL
冷静に考えたらとんでもない歌詞ですね、この曲(爆)。
ていうかインドにトラなんていましたっけ?(^^;
そんな不思議ワールド全開の原曲をより怪しいハピコアにしたのがこれ。
ていうかそんな危なっかしい歌詞を陽気に歌ってるんじゃない!!(爆笑)
本気でツッコミ所が多すぎる・・・。だからこそいいんだけど。

38. morning prayer / SILVA
この曲のプロデュースは朝本さんでしたね。
無論、彼の持ち味である低音の心地よさは健在です。
歌い手のSILVA姐さんは下ネタトークばかりフィーチャーされてました(涙)。
楽曲はこんなにもまともなのにねぇ(^^;
もう一度言いますが、実力派歌手ですよー。
そうそう。この曲のカップリングの「color」は村山さんプロデュース。
初期IIDXファンから見れば恐ろしく贅沢ですね、このシングル。

39. Almost Love / SILVA
こちらのプロデュースは黒羽さんが担当。カップリングも彼です。
もちろん、ラテンテイスト全開のディスコ・ハウスに仕上がってます。
けど、マーケティングを意識したのか、幾分ポップですね。
歌い方と歌詞は前の曲よりエロティックですけど(笑)。
ちなみにショタな方にはこの曲のPV、オススメです。
[PR]
by ray_i | 2005-05-23 09:15 | 音ゲー・音楽

簡単な略歴と一言

音楽と可愛い男の子(をい)が好物。アニゲや特撮、音楽を中心に書いていきます。『感想を言いたいけどトラバやコメントに書くのはちょっと・・・』という方はメールでも受け付けておりますのでよろしく。


応援
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP

検索

最新の記事

ロックバンド、ねぇ。
at 2010-06-10 09:06
北大工学祭ニコニコボカロ鼎談レポ
at 2010-06-06 21:59
お詫び
at 2010-06-05 12:00
VOCALOIDと私
at 2010-05-26 14:59
取り留めの無いお散歩日記
at 2010-05-24 08:50

最新のトラックバック

『ブレイブ・ストーリー』..
from 【徒然なるままに・・・】
【ニュース】仮面ライダー..
from さかっちブログ
『なんとまあタイムリーな..
from 内緒でデュエルマスターズ!?
大谷さん復帰だって!
from ブラックうさぎの日記
GWは、瞑想でストレス解..
from こだわりの暮らし・生活/スロ..
ボウケンジャーに日本一詳..
from ボウケンジャーに日本一詳しい..
おくやみ(曽我町子様)
from だいすけでした(^^)v
女王、墜つ
from てぃーちゃーのプライベート
ジュークボックス(限定盤)
from AML Amazon Link
FFポーション
from 最近はやりの・・・

フォロー中のブログ

プレーバックパートツー
~Procyon~

ファン

ブログジャンル

画像一覧